医院紹介

contact_tel.png

医師紹介

ごあいさつ

「患者さんの不安を解消すること」が、当院の診療モットーです

皆さん、初めまして。小手指タワークリニック院長の五條淳(ごじょう・あつし)です。
当院は内科疾患を広く診療しつつ、糖尿病をはじめとした生活習慣病の治療に注力しています。

私の診療モットーは「患者さんの不安を解消すること」です。患者さんは一人ひとり、「他院で良くならないけどこのままでいいのか?」「病気の原因は何だろう?」「(生活習慣病の)治療を再開したいけど、また失敗するのではないか?」など、さまざまな心配事を抱えていらっしゃいます。

当院では、病気に対して良い治療を行うことはもちろんのこと、患者さん一人ひとりの不安やお悩みをすくい取り、患者さんの心が楽になることが大切だと考えています。そのため、診療時の最後には「他に気になっていることはありませんか?」などの一言を添えるようにしています。「何でも気軽に相談していいんだ」そのように思っていただければ幸いです。

患者さんに寄り添った診療を行いたいと考え、糖尿病を専門に

私は日本糖尿病学会が認定する専門医の資格を持っています。これは他の専門医に比べて保有者数の少ない資格です。
私が医師になりたての頃は糖尿病の患者さんの数も今より少ない状況でしたが、研修医だった当時、糖尿病を専門にする指導医の先生がとても魅力的で、いろいろと丁寧に教えてくれたことで興味を持ちました。

糖尿病は一度発症すると治ることはなく、状態を長期にわたってコントロールしていかなければなりませんが、診療を重ねるにつれ、医師として患者さんの人生に寄り添える一面があることを知りました。

当院では、糖尿病を含めた生活習慣病に対し、無理なく、長く取り組めることをコンセプトに治療を行っています。

プロフィール

1974年 東京都武蔵野市生まれ
所沢市立北中小学校、北野中学校、西武学園文理高等学校理数科卒業
1999年 東京慈恵会医科大学医学部医学科 卒業
東京慈恵会医科大学附属病院 内科研修医
2001年 東京慈恵会医科大学 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科入局
2003年 東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科 博士課程入学
2007年 東京慈恵会医科大学附属柏病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 診療医員
2010年 東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科 博士課程修了
富士市立中央病院 代謝・一般内科 医長
2012年 小手指タワークリニック 開院

保有資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本高血圧学会
  • 日本内分泌学会

当院の特徴

好アクセスで、生活習慣病の治療がしやすいクリニックです

当院へのアクセスは西武池袋線「小手指駅」北口から徒歩1分のため、アクセスがとても良いことが特徴の一つです。院長の専門である糖尿病をはじめ、生活習慣病の治療は長期にわたるため、クリニックの立地は患者さんにとっても重要です。通いづらさが治療を継続するモチベーションを下げてしまうこともあるため、通いやすい医療機関を選ぶことが、生活習慣病の治療のポイントの一つです。

生活習慣病の治療に注力しています

当院は糖尿病や脂質異常症、高血圧症に代表される生活習慣病の治療に注力しています。これらは緊急性の高い病気ではないと思われがちですが、放置しておくと、さまざまな合併症を引き起こす危険性があります。

長期にわたる治療が必要のため、医師としては患者さんの生活習慣にまで踏み込み、一緒に改善を図っていけることを願っています。
患者さんと信頼関係を丁寧に築きながら、二人三脚で治療を進めていきたいと考えています。

生活習慣病の中でも、特に糖尿病の治療を得意としています

院長は勤務医時代から数多くの糖尿病の患者さんを診療し、日本糖尿病学会が認定する専門医の資格も保有しています。糖尿病かどうかが検査した当日にわかる医療機器を導入し、外来でのインスリン治療も積極的に行っています。

内科疾患も幅広く診療しています

日本内科学会の認定内科医として、内科全般の疾患も診療しています。健康診断や予防接種も随時行っていますので、ご希望の方はご相談ください。お子さん連れのお母さんのほか、当院近くのキャンパスに通う早稲田大学の学生さんも、通学時にご利用いただければ幸いです。

診療時間・アクセス

診療時間

 日・祝
9:00〜12:00
15:00〜18:30

~13:00(受付は12:30まで)
第2・第4水曜日の午後は、西埼玉中央病院で診療しています。
[休診日]水曜日、日曜日、祝日

アクセス

アクセス

西武池袋線「小手指駅」北口より徒歩1分
※当クリニックが入るマンション「ディアスカイタワー」内にコインパーキングがございますのでご利用ください。
1時間分の駐車券を発行します。必要な方は受付でお伝えください。

住所

小手指タワークリニック

TEL

04-2920-1717

院内設備

HbA1c測定器

当院では、HbA1cと血糖値は治療方針を決定する重要な柱となる検査ですから、大病院と同様の機器を使用しています。糖尿病の診断に重要な血糖値とHbA1c、尿検査の3項目に関して、受診当日に結果が分かります。

動脈硬化測定器

手足の血圧を測定し、脈波より全身の動脈硬化の程度の推定を行います。

動脈硬化の進み具合を調べられる先端機器です。わずか5分ほどで結果を知ることができます。

血糖測定器

糖尿病の管理や治療に指標となる血糖値を測定する機器です。

尿糖・尿たんぱく測定器

血中の糖が尿に排出された量を示す尿糖、尿に含まれるたんぱく質の量を示す尿たんぱくを測定する機器です。糖尿病を診断するために活用します。

レントゲン

X線を照射して、体の内部を画像化する機器です。

心電図

不整脈や狭心症・心筋梗塞などの初期診断を行います。心臓が動くときに発生する微弱な電流の波形を記録し、心臓に異常がないかを調べる機器です。